K-snow JAPAN ロゴ
スノーボードキャンプ情報【K-snow JAPAN】 お問い合せ K-snow JAPANサイトマップ
スノーボードキャンプ スノーボードインフォメーション K'sスノーボードスクール スノーボードチーム スノーボードトレーニング塾 佐々木塾 その他 スノーボードリンク
K-snow JAPAN レポート
佐々木耕司コラム
K-snow JAPAN レポート
 トップ > その他 > オススメ > ホットワクシングのススメ
ホットワクシングの勧め
ホットワクシングの勧め
皆さんスノーボードのワックスってどうしていますか?なんとなく見よう見真似で行っている人が多いのではないでしょうか?せっかくワクシング(ワックスをボードにかけること)するんだったらきちんと正しい方法で行った方が断然効果的です。
そもそもスノーボードにワックスをなぜかけないといけないのか?もちろん滑りを良くするためです。
スノーボードの滑走面は一般的にピーテックスというプラスチック材(ポリエチレン)で出来ていますが、滑走時にはそのプラスチックの滑走面と雪面が接しながら滑っていきます。その際、スノーボードと雪面に対して摩擦が発生します。その摩擦を緩和するためにワックスが大量に必要で、ワクシングがしっかりとされているスノーボードは滑走性(滑走スピード)が非常に良いです。
「そんなスピードは出さないからいいや」「あんまり滑ると速すぎて怖いからいらない」とか言うのではなく、スノーボードの性能を100%発揮し、きちんとした技術を身につけるためには、きちんと滑走性の高い道具を利用することはとても大切です。大会本番時だけにきちんとワクシングすると言うのも、普段の練習時と異なる滑走性で大会に出場することになるので、これも良くありません。そう言った意味で「きちんとワクシングを行う=上達への近道」となりますので、スノーボードの技術アップのために積極的にワクシングを行っていきましょう。

【スノーボードシーンごとのワクシングの重要性】
レースシーン 早く滑走するためには当然必要ですよね。
ハーフパイプシーン トリックをメイクするためには高く飛ぶ必要があります。そのためにはボトムでスピードを出す必要があります。
ワンメイクシーン キッカーを高く大きく抜けるためにスピードを出すために必要です。
テクニカルシーン 気持ちよくカービングするためには、早い滑走スピードが必要です。
こすりシーン これにはあまり必要ないかも。。。逆にしっかりワクシングしたボードは大切なボードが可哀想なので、こすらないのがベターですよね。
ホットワクシングの勧め
ここで言うワクシングとは「ホットワクシング」をさします。アイロンでワックスをかけるやつですね。お店ではスプレーや直接塗りこむ様な簡易のワックス剤などが売っていますが、それれらのWAXは表面に塗るだけなので、すぐにワックスの効果がなくなってしまいます。やはりワックスの王道は「ホットワクシング」です。スノーボードの滑走性を保つ為にはたくさんの量のワックスをボードに入れておかなければなりません。その為にはたくさんの量のワックスをボードの滑走面の奥まで塗りこむことができるホットワクシングが必要となってきます。
ホットワクシングの勧め
使用目的や滑走時のコンディションにあわせるためにワックスには数種類あります。大きくわけて、「ベースワックス」、「トップワックス」、「スタートワックス」があり、滑走時のコンディション(気温や雪温など)により、さらに分類されています。一般的に低い温度から、緑、青、赤、黄と色分けされています。(詳しくは下記「滑走性の良いボードを作るためのワクシング」を参照)
ホットワクシングの勧め
ワクシング用アイロン
ワックス
スクレイパー
ブロンズブラシ
ナイロンブラシ
馬毛ブラシ
フィニッシュマット
ワクシングペーパー
ホットワクシングの勧め
 ここでは、一般的なワクシングの方法を説明します。ワクシングの手順は下記の手順で行います

ワックス行程 まずはスクレイパーで滑走面の汚れをしっかり落とします。
スクレイパーを使用する時は、スノーボードのノーズからテールに向かって行います。要は滑る方向に向かって行うということですね。
市販のワックスリムーバー(汚れ落し剤)などがありますが、これらはせっかく奥の方に染み込んでいるワックスまでも落としてしまいますし、滑走面を痛める原因となるので、春先の雪や油などでひどく汚れた場合のみ使用することをお勧めします。
ワックス行程 ブロンズブラシまたはナイロンブラシで滑走面に入り込んだ汚れをかき出します。こするのではなく、詰まった汚れをかき出すように行うと良いでしょう。これも、もちろんノーズからテールに向かって行います。
ワックス行程 クリーニングの為にワックスをかけます。ワックスをかけることにより表面に汚れを浮き出させ、ワックスと一緒に汚れをかき出します。クリーニング用のワックスは低温で溶けるものを使用するのが一般的です。汚れを浮き出させる必要があるので、少し多めに使うと良いでしょう。
ワックス行程 中温に暖めたワクシングアイロンでワックスをまんべんなく、滑走面に染み込ませます。熱で滑走面が傷むことがあるのでアイロンは止めずにゆっくり大きく動かし続けるようにしてください。
ワックス行程 汚れがワックスと一緒に表面に浮き上がってくるので、ボードが暖かい内に、スクレイパーで汚れと一緒にワックスをはがします。

ワックス行程 雪温にあわせたワックスをチョイスし、ボードに塗りましょう。方法として、そのまま生塗りする方法、溶かしながら垂らす方法、ワックスを一度アイロンにあてて少し溶かした状態にしてからボードに塗る方法などがありますが、写真は最後の少し溶かした状態で塗る方法にて、塗っています。
ワックス行程 ワクシングペーパーをアイロンの下に引き、中温にて暖めたアイロンにてワクシングします。ここでもアイロンは止めずに動かし続けるようにして下さい。ワクシングペーパーの用法としては、滑走面に直接アイロンが触れないので滑走面の保護目的になるのと、ワックスを綺麗に均一に塗ることができます。

この暖かい状態でワックスの余分な溜まり(トップ、テールなどのワックスの厚い部分とエッジ部)を取りのぞいてあげると作業が楽になります。
ワックス行程 しばらくしてから、スクレイパーで滑走面のワックスをはがします。

スクレーピングはテールから分割してテール方向に軽く回数を多くするのが良いでしょう。(スクレーピングの境目がなくなりきれいに仕上がります)

ワックス行程 ブロンズブラシまたはナイロンブラシで滑走面内の余分のワックスをかき出します。ノーズからテールに向かって行います。仕上げに馬毛ブラシにてブラッシングをします。
ワックス行程 フィニッシュマットにて、滑走面を軽く磨くようにワックスのカスを取り除きます。ノーズからテールに向かって行います。
ホットワクシングの勧め
とても良いワックスに出会えることが出来ました。それはGREX社製のワックスです。
第一の特徴として、このワックスは「とても滑る」という事です。その理由としてワックスが溶けやすく塗りやすいので、滑走面の奥まできちんと浸透することによります。第二の特徴として、とてもワックスが「長持ちする」という事です。他のワックスと比べて3〜5割り増しの距離が滑れることを実感しています。これはそれだけ滑走面にワックスが浸透しているんだということの証だと言えます。その他の特徴として、2重3重にワクシングする場合にワックス同士が結合しやすいスタートワックスの持ちが良いトップワックスのりが良いと言うことが挙げられます。(文:佐々木耕司)
滑走性の良いボードを作るためには、ベースを作りを「ベースワックス」で事前に行い、通常滑走時には「トップワックス」を塗り、大会時には「スタートワックス」を塗るという行程が必要です。
 ベース作り
 タイミング シーズン前などにじっくり行います。
 目的 滑走面の酸化防止などの保護や、滑走用ワックスを塗る前のベース作りとして「ベースワックス」を塗ります。滑走面の深層まで染み込ますためには一般的には60回ベースワクシングを行う必要があると言われています。これは最近注目されている、サーモワクシング(ボードを暖めた状態でワクシングを行うこと)を利用することで、その回数を軽減させることができます。トップ選手でなければ、ベース作りをそこまでの回数を行う必要はないかと思いますが、滑走性をUPさせるためには、非常に大切な行程となります。
 GREXでは
快速剤
10%以下の低湿度の雪質に最適なハイドロカーボンワックスベースワックス・サーモワックス・高速剤の下地・クリーニングワックスなど幅広く活用できる。緑・青は低温用のベースバーンガードを配合


サーモプロ
サーモワクシングを繰り返すことで滑走面に均一で強固なワックスの浸透面ができフッ素が滑走面全体に容易に接着しやすい状態になります。

 通常滑走時
 タイミング 滑走時の雪の状態にあわせて事前に行います
 目的 より良いパフォーマンスで滑走するためには、その日の天候のコンディションにあった「トップワックス」を選択し、塗っておく必要があります。選び方は、滑走時の気温と雪温から選びます。また、湿度が高ければ、フッ素が高含有のワックスをチョイスします。
 GREXでは
高速剤・HIGH(フッ素高含有)
高速剤・MID(フッ素中含有)
高速剤・LOW(フッ素低含有)

フッ素高含有のトップワックス
湿度30%(HIGH)・20%(MID)・10%(LOW)から使用可能
 大会時
 タイミング 競技会のスタート直前等に行う
 目的 大会スタート時に滑走性を一時的にUPさせるために、トップワックス(大会日のコンディションにあわせた)の上に、「スタートワックス」を滑走する直前に生塗りします。約200〜300メートルで効果は切れてしまいますが、スピード系競技には必須と言えます。
(注)GREXのスタートワックスは約2キロ効果が続くと言われています。
 GREXでは
超速剤 +MAX(生塗りフッ素WAX)
5分で調整ができる。専用クロスで発生する静電気を利用したイオンコーティングでフッ素を強力に接着する固形生塗りスタートWAX。ULTRAに混合 *下地に高速剤をワクシングすることで超フッ素効果が2分以上持続する。湿度50%から使用可能

超速剤ULTRA
(生塗り超フッ素スタートワックス) 
静電気を利用するプラスイオンコーティングでフッ素を強力に接着する固形スタートワックス。薄く生塗りし付属のナイロンクロスで仕上げる。高速剤に重ね塗りすることで、フッ素効果が2分以上持続する。湿度35%から使用可能
超速剤SUPER
(生塗り高フッ素スタートワックス) 
ULTRAと同様、静電気を利用するプラスイオンコーティングでフッ素を強力に接着する固形スタートワックス。薄く生塗りし付属のナイロンクロスで仕上げる。高速剤に重ね塗りすることで、フッ素効果が2分以上持続する。湿度20%から使用可能
(注)非常によく滑るワックスなので、大会本番だけではなく通常滑走時にも使用し、よく滑る状態で練習されることをオススメします。

このページの著作権はK-snow JAPANにあり無断での転用や転写等を禁じます。

Copyright(C)2012 K-snow JAPAN,LLC.All Rights Reserved.
宿泊施設
資料請求
レポート
オンライン購入