■参加者の体験記■

〜長期参加 25歳 女性 フリーライディングコース参加〜

私は10代の頃からスノーボードをしていましたが、年に1〜2回の旅行感覚で行く程度でした。しかし、数年前から「もっと上手くなりたい!」「たくさん滑りたい!」と思い、毎週末スキー場に行くようになり…気が付いたらニュージーランドまで行っていました。

夏の海外でスノーボードをしたいと思ったとき、いろいろなプラン、いくつかのキャンプ企画を調べました。その中でこのキャンプに決めたのは、過去の実績やレッスンスケジュールなどが明確だったことや、スタッフの方が丁寧に対応してくださったことで海外キャンプに対する不安がなくなり、すごく楽しいキャンプになりそうな予感がしたからです。

現地クライストチャーチの空港に着いてからも、スタッフの方が生活のことや食事のこと、スキー場のことなどを親切に教えてくれました。私は英語が全く出来ないので現地での生活が心配でしたが、サポート態勢がしっかりしていたので特に問題なく生活を送ることができました。

滞在先のメスベンは田舎町で、スーパーなど最低限のものはありますが、それ以外は牧場や草原といった大自然でトレーニングにはとてもいい環境でした。滞在中はクライストチャーチやアッシュバートンにある大きなスーパーで食材のまとめ買いをして、当番制で食事を作っていました。朝食はパンやシリアル、ヨーグルト、オレンジジュースなどで、昼食はお弁当やサンドウィッチを持って行くことが多く、夕食では日本食を作ることもありました。海外では食事への抵抗があると聞きますが、私たちは自炊をしていたので現地の食事も日本食も味わうことが出来ました。

キャンプ地マウントハットスキー場は、噂通りとても広いスキー場でした。面積もありますが、日本のスキー場と違って木が1本も生えていないのでとても広く感じます。またコース以外も滑れるというのは、日本ではなかなか体験できないことでもありました。

私はテクニカルコースに参加したのですが、基本からイントラ検定の種目まで幅広いレッスン内容でした。例えば、カービングターンではターンに必要な要素を分解しひとつひとつ丁寧に練習することで、今まで知らなかった運動を意識して行うことによって、より質の高いターンを描けるようになりました。

夜にはビデオミーティングがあり、レッスン中に撮った映像を見ながら細かく説明してもらいました。最初ビデオミーティングには抵抗がありましたが、自分の滑りを客観的に見ることで悪い癖や欠点が良く分かり、改善点や明確な目標設定が出来るようなりました。

また、雪上以外でもたくさんのトレーニング方法を行いました。滑った後に軽い運動をすることで次の日に疲れを残さないようにするコンディショニングトレーニングや、ストレッチ方法、スノーボードに役立つ運動など…とても勉強になりました。

今回のキャンプではスノーボードの技術を学んだだけではなく、スノーボードが大好きな仲間と一緒に滑ることで、今まで知らなかったスノーボードの魅力を知ることが出来ました。転職の合間での参加のつもりでしたが、今ではすっかりスノーボードの虜になり、どっぷりはまっています。また来年も行くつもりです!





〜短期参加  32歳 女性 スピードコース参加〜

私は今回K-snowの短期キャンプに参加させて頂きました。仕事の都合で夏休みと土日を使って10日間だけの滞在でしたが、すごくいい経験が出来たと感じています。

私はそれまでフリースタイルを乗っていましたが、昨シーズンアルペンを始めたばかりだったので次のシーズンまでに、もっと綺麗に、うまく早く滑れるようになりたいと思ってアルペンでのNZキャンプ参加を決めました。

普通の海外旅行とは違って「滑る」という目的での海外渡航は初めてだったので、行く前には不安もありましたが、旅行会社の方やK-snowのスタッフの方にいろいろ教えて頂いたり、パンフレットをもらって書類のやり取りなどをしているうちに不安はなくなり、純粋に楽しみになりました。

着いてからも、スタッフの方がいろいろ親切にしてくださり、住むところもK-snowの貸し切りのロッジだったので、英語の全くできない私でもみんなで楽しく過ごすことができました。ロッジのリビングには、薪の暖炉にビリヤード台、カウチとソファーと木のテーブル、もちろんテレビやDVDやワックス台もあってとても雰囲気が良く居心地の良い空間でした。

食事も同じ日程の人たちと一緒に自炊したり、皆で外食したり(ギャートルズのような骨付き肉のあるお店とか!)その日の都合に合わせて日本とそんなに変わらない食生活を送ることができ、これは体調管理という面でもすごく良かったと思います。

Mt.Huttスキー場はすごく広くて、山1つまるごとゲレンデみたいな感じでした。滞在中、1回雪が降ってパウダーになり、普段は行けない尾根沿いのコースを滑ることもできました。眼下に広がる緑の大地と川の広大なパノラマ風景と澄んだ空気の中での青い空と真っ白な山々の対比の美しさや、何とも言えない解放感は、是非一度は体験してみて欲しいです。まぶたの裏に焼きついて、ずっと忘れられない風景の一つとなると思います。

レッスンも元ナショナルチームコーチの佐々木さんにみっちり教えてもらえる密度の濃さで、すごくタメになりました。他にも、ゲートに入ってみたり、ローカルの草大会に出てみたり、色々な経験をさせてもらいました。おかげさまで短期間でしたが滑りがワンランクアップしたと感じています。

NZは日本と経度がほとんど一緒なので、時差も少なく、帰国後もすぐに日常に戻ることができ、仕事にも支障がでませんでした。

来年、また仕事の都合をつけて、是非もう一度参加したいと思っています。最後に、お世話になったスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。

CLOSE